《セラピストの勉強部屋》

「座学」の勉強がとっても苦手…💦

まず何から手をつければいいかもよくわからなくて。。

「実技」に関しては自分が受け手に回ることで”なんとなく気持ちいい箇所(やってほしい箇所)”がわかったり、お店の先輩に相談することで解決できることがあります。

また毎日施術を繰り返していくことで、少しずつ感覚も磨かれ上達していくでしょう。

…ただ。

「座学」はそうではありません。

セラピストに必要な座学知識は日常生活の中に落ちていないため、“自分で情報を掴みにいかなければ”いつまで経っても頭の中は入店した頃のままです。

Tomy
Tomy
そんなセラピストのために作ったのが「トップセラピスト養成講座」です!

解剖学のテキストのようなまわりくどい説明は一切ナシ

セラピストとして活躍するための基礎ノウハウをぎっしり盛り込みました(全50話)。

Tomy
Tomy

「何から勉強すればいいかわからない…」なら、まずコレを読んでみてください。

1つ持っておいて絶対に損はしないはず!

試し読みはこちらからどうぞ↓↓

<トップセラピスト養成講座(全50話)>

 

 

基礎とは言わず、もっとレベルアップするのよ!周りのセラピストと差をつけたいの!

そんなモチベーションに溢れているセラピストの方向けにもご用意しました。

「NSCA」という資格はご存知ですか??

これは『National Strength & Conditioning Asocation』(全米エクササイズ&コンディショニング協会)の略であり、フィットネス業界においては最大手の団体です(詳細:https://www.nsca-japan.or.jp)。

この団体が発行している資格(国際ライセンス)に「CPT」「CSCS」があります。

  • CPT(認定パーソナルトレーナー)=一般/個人向け
  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)=アスリート/集団向け

*CSCSはストレングス&コンディショニングの認定資格として唯一、1993年より全米資格認定委員会(NCCA)の承認を受けている由緒ある資格。

トレーナー向けの資格ですが、セラピストとして役立つ知識が盛りだくさんです。

しかしながらこれらのテキストはとても分厚く、1人で勉強していくのは大変です。

各テキストはそれぞれ20章以上のパートに分かれ、総ページ数は700ページを超えてきます。

ちょっとした辞書以上の厚みがあり、

4段に分かれて細かい文字がびっしり並んでいます。

習得するのはかなりのパワーがかかりますが、この1冊を完璧に網羅しておけばセラピストとしてとてつもなく大きな武器になります。

そこで!

この700ページにも及ぶ膨大な情報量の中から「これが大事でしょ!」という要点部分だけをギュギュッと絞り出しました。

Tomy
Tomy

自分で言うのもアレですが、、こんなにシンプルにまとめた情報は他にないと思います!

「今よりもっとスキルアップしたい!」というそこのアナタ、ぜひ覗いてみてください。

試し読みはこちら↓↓

<NSCA-CPT  :要点まとめ講座(全20話)>

<NSCA-CSCS:要点まとめ講座(全40話)>

==

1人で勉強するのは大変です。

でも要点がわかっていれば、あとは反復学習をするのみ。

ぜひこれらの資料も有効活用して最短距離でレベルアップしてください。

心から応援しています。